私立小学校の勉強と学校生活について、経験をもとに紹介しています。
私立小学校の勉強と生活
私立小学校のお受験や私立小学校に通われている方が参考にして頂ければ嬉しいです。



 HOMEへ

私立中学校受験
 一貫校の私立中学
 私立小学から他の私立中学
私立小学校から他の私立中学校へ
 私立小学校から他の私立中学校へ進学する方もいます。その様な子供は、やっぱり成績が良いですね。
 また、下の子が国立であったり、他の私立だったりする場合、中学は兄弟同じの中学校に進学するようにする親御さんが多いです。兄妹で違う学校では親が疲れるようです。行事が重なると父親と母親で分担する場合もありますからね。
 ちなみに、他の私立中学校を目指す場合にハンデがある私立小学校もあります。どの様な場合かと言いますと、他の私立中学校を受験して落ちた場合に戻れなくなると言うことです。


その様な事情については、私立小学校に入学する前に調べておくと良いですね。

 さて、他の私立中学校に進むには受験と言う難関を突破しなけらばなりません。私立小学校に通われている子供がどの様な中学受験勉強をするかと言いますと。
ちょっと、その前に法律の豆知識です。

 学校教育法施行規則第27条には、児童の平素の成績を評価して判断しなさい、と定めてあります。法律上は、出席日数そのものは、進級や卒業の要件とはされていません。
と言うことで、小学校は出席日数は卒業の必要条件では無いようです。
 
 こういった条件を利用して、3学期に入ったら全く出席しない生徒もいるようです。全て、中学受験の勉強に費やします。子供としては、如何なのでしょうかね。友達と会えない状況が続きますからね。
 
 少なくとも中学受験の1ヵ月前は出てこない子はいるようです。やはり中学受験は厳しいようです。

 中学受験失敗した場合のフォローも親としては、重要な問題のようです。傷つくのは、子供がかなりダメージを受けますよ。日刊ゲンダイで母親まで鬱になった事例が載っていました。

 私立小学校へ通われている子供は、他の私立中学校へ進学する際は、公立小学校から私立中学校受験する子供や親よりも考えを厳しく持つ方がいいようです。まあ、中学受験は何れにしろ厳しいです。

Copyright(c)2012私立小学校の勉強と生活 All Rights Reserved.