私立小学校の勉強と学校生活について、経験をもとに紹介しています。
私立小学校の勉強と生活
私立小学校のお受験や私立小学校に通われている方が参考にして頂ければ嬉しいです。



 HOMEへ

家庭での生活
 休日の過ごし方
 長期休みの過ごし方
 帰宅後の過ごし方
 近所の友達との過ごし方
 自宅で使う問題集
私立小学生の帰宅後の過ごし方
 私立小学校に入って学校から帰宅し自宅での過ごし方についてですが、帰宅後の過ごし方は、色々です。

 私立小学生の帰宅後の過ごし方として1年生の時は、入学後の1〜2ヵ月は幼稚園からの生活パターンがガラッと変わりますから非常に疲れるようです。実際に疲れていましたね。ですから、家でのんびりとしていたり、宿題をしたりして過ごしていました。意外と体調を崩す子も多い様です。また、学校に行きたくないと泣く子もいるようです。3ヶ月も過ぎるとやっと体力的にも生活的にも慣れてきます。親としても慣れてくる頃です。
 1年生の夏休み前までは、帰宅後に宿題を終わらせて幼稚園からの近所の友達と遊びますが、徐々にそれも無くなってきます。やっぱリ生活パターンが違ったり会話の内容が違ったり等、友達の友達も公立ですから公立の友達同士の会話にずれを感じるようです。
そうなると、自宅でゲームをして過ごします。
 
 ちなみに、両親が仕事をしている子は3年生までは、学童保育で過ごす場合もあります。やはりちょっと学童保育の友達とも会話や遊び方が違う様で違和感があるようです。

 両親が働いている場合は、おじいちゃんやおばあちゃんの協力が大切です。協力して貰っている方が多かったような気がします。
 
 一般的には、習い事をしている子が多いです。一週間全て埋まっている子もいます。学習塾であったり、武道の習い事であったり、ピアノであったり、等です。多種多様ですね。
 
 なお、学校によっては、習い事に行けないほどの宿題が多く出る学校もあります。そうでない学校も当然あります。我が家では、習い事には行かせなかったですね。宿題が多く帰宅後に1時間以上は必ず掛かっていました。あまり能力も高くなかったですし(^^;)。

 ましてや、登下校に1時間以上も掛かっていましたから帰宅時間も遅くなりました。3年生以上になると、帰宅時間が5時以降になりましたしたしね。

 我が家では、基本的に帰宅後は宿題をしてから、トップクラス問題集を活用して計2時間程度は勉強に費やしていました。進み方が早いので子供も理解するのでいっぱいでしたね。他にも、


 私立中学校に入学できる条件として、英検何級以上であったり漢検何級以上であったりと、宿題と勉強以外に課題があるので、その勉強だけでも大変です。

 英検は、場合によっては学習塾に行かなければならない場合もあります。ちなみに我が子は、2〜3回落ちたので、学習塾に行かせました。漢検は、漢字が好きでしたので問題なく級を採ることが出来ました。漢検は、漢検問題集を解くことを行いました。1つの漢字を何度も繰り返し覚えるのが嫌な子でしたので、とにかく問題を解くことで覚えさせました。

 6年生になると中学に入る為の条件として、1年生から学んだ事を覚えているか?そのようなテストが始まります。復習テストと言うのでしょうか?このテストの点数が決められた点数以上採らないと中学に入学する条件が満たせないことになります。5年生までの復習テストが月に1回。そして、6年生のテストが月に1回。ですから、毎月テストがありますから帰宅後は常に宿題と問題集を解く勉強をします。

 なんとなく勉強ばかりで、親が子供の時よりも多く勉強しているような気にもなります(^^)

 大概、2年生ぐらいまでに帰宅後の過ごし方が定着しますね。1年生の期間は、親もどうしたらいいか迷いますからね。

Copyright(c)2012私立小学校の勉強と生活 All Rights Reserved.