私立小学校の勉強と学校生活について、経験をもとに紹介しています。
私立小学校の勉強と生活
私立小学校のお受験や私立小学校に通われている方が参考にして頂ければ嬉しいです。



 HOMEへ

家庭での生活
 休日の過ごし方
 長期休みの過ごし方
 帰宅後の過ごし方
 近所の友達との過ごし方
 自宅で使う問題集
夏休みなどの長期休みの過ごし方
 私立小学校に入ったら夏休み、冬休み、春休みと長期休みがあります。親としては、特に大変なのが1ヶ月も続く夏休みです。

 夏休み中に学校へ行くのは、大概ですが2〜3回です。それは、プールの日であったり、2学期の始まる準備だったりです。ですから、夏休みに学校へ登校することは、ほぼ無いと言っても良いでしょう。
  ちなみに、春休みや冬休みでの登校日はありません。
 夏休みの過ごし方ですが、親としては大変です。朝・昼・晩・食事を作らなければなりませんからね。(^^;)

 子供は、近所の友達と遊ぶ?ここがね。日頃の生活環境が違うので遊び方も違うようです。ですから公立の友達とは、いまいち一緒にワイワイと遊べないようです。

 公立の小学校に通っている方は、近所での子供会に所属している子が多いので、子供会での夏休み行事に参加したりする子が多いですね。

 我が家も一応は、子供会に参加させて頂いていましたが、出席する機会が少なく年に一回の花火大会ぐらいでした。

 近所の友達とは、あまり遊ばないですね。近所の子も習い事をしていましたから。サッカーとか野球とか。

 では、どの様に過ごしていたか?


 宿題と家庭学習を終えてからは、あとはフリーですからゲーム等で一日が過ぎます。習い事をしていれば、そちらへの参加もしますね。

 私立小学校の友達とは、休みの遊ぶ計画を立てて3〜4回、日にちを合わせて遊ぶ様にしました。プールに行ったり、公園に行ったり、遊園地に行ったりしました。当然ですが親も同伴になります。友達の家までは距離があるので必然的にそうなりますね。

 当然の様に旅行にはいきますね。我が家は2泊ぐらいの国内旅行を主としていました。子供が歴史好きでしたので、歴史のある土地や文化財に出かけました。

 私立に通っている他の子は、1週間程度海外旅行等へ行く方も当然の様にいました。公立と比べると多いですね。ですから、クラスの皆にお土産をプレゼントする子もおりました。
 実家に帰省する方は、田舎へ1週間程度行く方もいます。

 それだけでは、当然ですが日にちを潰すことは出来ません。これが大変です。
 母親がメインで、色々なところに連れて行ったりします。博物館であったり映画であったり。

 子供が4年生程度までは、親が介入しないと遊び方がバラエティーにならないので親が介入しました。しかし、高学年になると意外に一人でサイクリング等をする様になったので、ほおっておきましたね。(^^;)
 それに、友達同士で遊ぶ時も駅まで送って、後は、友達同士で集まって遊ぶようになります。友達の家に集まったり、遊園地に集まったり。

 兄妹がいると兄弟同士で遊ぶので親としては、楽ちんです。ですが、意外と一人っ子の方が私立小学校では多いので、旅行が多いようですね。

 我が家は、兄妹でしたのでちょっと良かったかな。まぁ、放任主義でしたので兄妹で遊ぶしかなかったのかな。

 私立小学校の夏休み宿題ですが、学校によって出題される量が色々です。国立や公立と比べると、はるかに多いですね。
 毎日宿題をしないと終わらないですし。テキスト3冊とかね(^^;)。昔ながらの工作も出題されました。
 高学年になればなるほど多くなります。

 ちなみに6年生ではテストの成績が悪いと数日間学校に通って補習をさせる学校もあるようです。中学進学の条件を満たすためです。
 
 我が家は、ヤフーで旅行のお宿を予約したりしましたねぇ。意外と、低価格で泊まれたりしましたよ。


 海外旅行では、やっぱりJTBでしょう。この時代だから安心安全で大活躍です。

 私立中学の受験を考えているなら、長期休みを切っ掛けにして勉強を始める方が多いですね。参考サイトは、こちらです。
Copyright(c)2012私立小学校の勉強と生活 All Rights Reserved.