私立小学校の勉強と学校生活について、経験をもとに紹介しています。
私立小学校の勉強と生活
私立小学校のお受験や私立小学校に通われている方が参考にして頂ければ嬉しいです。



 HOMEへ

緊急時の対応
 電車の遅延
 災害時の対応
 遅刻の対応
 学校で具合が悪くなったら
私立小学生の登下校時に発生した電車の遅延時の対応
 私立小学校へ通っていて不安になるのが登下校時の公共機関の遅延です。

 我が家では、登校時は常に交通機関の遅れのニュースをウォッチングしていました。電車は人身事故で数十分は止まりますし酷い時には数時間に及ぶ場合もあります。ラッシュの時に電車の中で、そんな状況になると大人も大変ですから子供はもっと辛いことでしょう。また、バスは一般道路を使用しますから予測がつかないのも不安の一つとなります。しかし、意外にバスは遅延が少ないのが驚きです。
 登下校は、学校の最寄駅から徒歩で登下校する場合、主要駅から学校まで学校のバスで登下校する場合と大方、この2通りだと思います。

 最寄駅まで行き徒歩で学校まで通っている生徒は、電車が遅延しても親としての対応は特にしません。しかし、学校のバスを使用している場合、電車の遅延が発生すると大概バス停でサポートしてくれる先生や警備員、補助員がおりますので電話連絡し家を出たことを説明します。当然、電車が遅延していることは分かっていますので生徒が来るまではバスも待っていてくれます。

 ちなみにバスの中で急にお腹が痛くなったりトイレをもよおしても安心です。運転手はバスを止めるところを決めています。


 登下校の下校の場合、電車が遅延した場合に学校からの連絡はありません。子供自身が親に連絡をするのが一般的です。

 入学当初に起きると親としても非常に心配になりますが、意外と子供はしっかりしています。どうにかなるものです。

 入学当初は、公衆電話の掛け方等を練習しておくとより安心です。今は、子供用の携帯を持たせる学校も多くなってきていますから、連絡が簡単に取れる様になっています。
 また、GPS機能を活用して、子供が今どの地点にいるかを確認できるようになっています。不安な方は、活用することをおすすめします。我が家もGPS機能は活用しました。迎えに行く時に大活躍です。
Copyright(c)2012私立小学校の勉強と生活 All Rights Reserved.