私立小学校の勉強と学校生活について、経験をもとに紹介しています。
私立小学校の勉強と生活
私立小学校のお受験や私立小学校に通われている方が参考にして頂ければ嬉しいです。



 HOMEへ

緊急時の対応
 電車の遅延
 災害時の対応
 遅刻の対応
 学校で具合が悪くなったら
私立小学校の災害時の対応
 私立小学校へ通っていて不安になるのが、実際に経験しましたが学校にいる時に公共機関が停止した場合です。やはり、災害時の対応は、親が一番しっかりしなければなりません。

 (1)実際の災害時の対応
 3.11が発生した時に我が子も学校にいて、ちょうど下校する準備ができ学校のバスに乗り込んでいる最中でした。
  地震と同時に公共機関が止まったので、学校側も下校を中止しました。
 学校側も大事になると考えたのでしょう。お米の手配をして夕飯の準備をし時間の経過とともに大きい問題になり、結果的に学校側の対応は正しかった。

 下校は、親が学校まで迎えに行けた子供のみ下校させることになり、その連絡も一斉メールであったり学校のHPに連絡がアップされました。

 通常なら車で迎えに行くのに1時間程度ですが2時間や4時間程度も掛かる方もいました。

 小中高と一貫教育でしたから高校の合宿用の布団を借りて、親の迎えが来るまで小学生は寝て待っていました。しかし、中高生は、そのまま夜を明かした方も多かったようです。

 今回は、下校する直前だったので良かったですが下校中を考えると如何していたでしょう。この時から子供とどうするかを話す様になりました。

 下校中では、メールも電話も繋がる保証はありませんからね。

 また、親として災害時に学校まで迎えに行く場合のルートを十分検討した方が良いかと思います。通常の道を使用すると渋滞で身動きできなくなります。裏道を把握していることをおすすめします。また、自転車でのルートも考えて置いた方が良いでしょう。

 数時間かけて、自転車で迎えに行った親もいました電動自転車は大活躍だったようです

(2)我が家の災害時の対応
 ちなみに、我が家では友達と一緒にいる。友達がいなければ駅で待機。電車の中やバスの中ならば、車中で待機とさせています。

 とにかくメールが通じるまで待機とさせています。自転車でも一時間走れば迎えに行ける距離なので、そうしています。

 また、友達の家に居させてもらう等も話しています。

(3)学校の災害時の対応
 3.11以降私立小学校では、非常食を備える動きがありました。3日分の非常食を備蓄するのが一般的です。我が子が通う私立小学校も災害以後、災害時の対応として非常食を備えました。また、布団等も備えました。

 災害時の対応に関しては、相当の設備投資をしている学校もあります。例えば、自家発電設備等です。

 学校で災害が発生した場合は、学校待機のルールとなりました。一斉メールや学校のHPで連絡。必ず親が迎えに行く。等です。

 ちょっと遠い私立小学校へ通わせている方は、親の対応が重要ですね。

 その他には、


 等があります。
 なお、参考になる書籍は、これ一冊で大丈夫! 本当に使える地震対策マニュアル (別冊宝島1866) です。事細かに対応方法が掛かれているので親として良く理解できました。この本を呼んで対応方法を決めているので心強いです。

 なお、登下校時の災害時の対応マニュアルは、ちょっと見当たりませんでした。

 その他としては、被災ママ812人が作った子連れ防災手帖 が超おすすめで、ふむふむと感心するばかりでした。子供と災害について話す機会を与えてくれた本です。

(4)気象による対応
 気象によって台風等の影響による公共機関が止まる可能性が有る場合は、学校側から一斉メールが届きます。

 登下校時前にその連絡は入ります。遠くからの通う子供も多いので、止まる可能性がちょっとでもあると休校になります。結果的に問題ない場合がおおいかな。

 学校側は、早めの対応をしてくれますので親としても安心です。

Copyright(c)2012私立小学校の勉強と生活 All Rights Reserved.