私立小学校の勉強と学校生活について、経験をもとに紹介しています。
私立小学校の勉強と生活
私立小学校のお受験や私立小学校に通われている方が参考にして頂ければ嬉しいです。




 HOMEへ

私立小学校の生活
 私立小学校の登下校
 私立小学校の運動会
 私立小学校の文化祭
 私立小学校の遠足・修学旅行
おススメお宿ランキング
私立小学校の遠足や修学旅行
 私立小学校の遠足や修学旅行は、公立小学校と比較してはいけないかもしれません。特に修学旅行は大きく違います。それは、ほとんどの私立小学校が海外へ行くからです。 
 
 では、海外はどのあたりか?大概が、英語圏内のようです。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド等です。
 何故海外に行くのか?その理由としては、英語教育があるので、その一環として海外への修学旅行となります。また、国際交流を目的とした修学旅行もあります。
 遠足は、公立と大差ないですが、回数が多いような気がします。どの様な場所に行くかは、学校から近い場所を利用するケースが多いような気がします。
 遠足とは違いますが冬の学校と称してスキーを毎年行う学校もあります。

 基本的に学費が高いと旅行も良いところに行くように感じます。旅行代として費用を請求する場合は無いと考えて良いと思います。学費に含まれる場合が多いです。
 
 また、海外旅行推進期間を設けている学校もあるようです。

 国内なら、国内最大級の総合旅行予約サイトの楽天トラベルを活用するのがおすすめです。通常料金よりも低価格で泊まれるキャンペーン等を扱っています。私は、良く使っています。

 ここで、以下に1〜2年生の遠足や旅行・3〜4年生の遠足や旅行・5年生の遠足や旅行・6年生の遠足や修学旅行について紹介します。


(1)1〜2年生の遠足や旅行
 遠足では、疲れるのでしょう。学校から近い所を選択するようです。
 バスで行くのが一般的なのか我が子もバスでの遠足でした。

 旅行としては、一泊が平均的でお泊り会の様な行事的なものです。学校の施設で泊まったりするところがあるようです。

 また、夏の学校と言うのか、一泊で自然を堪能してくる等の旅行もあるようです。数人で一つの部屋を使うことになりますが、各自が役割分担して、目覚まし係、食事係等です。

 初めは、友達同士でわいわいしていても、眠るころになるとホームシックになる子供もいるようで、先生方も苦労しているようです。

 友達に慰められるとか、どうのこうの何とか無事に一泊を過ごせるようです。

 遠足に使用するザックは、学校支給品です。旅行に使用するバッグは、林間学校に使用するようなザックを背負って行きます。参考ですがadidas アディダス ビルケシリーズのようなものです。
 低学年には、重く大きく感じるザックです。親としては、送って行きたくなりますね。
 
(2)3〜4年生の遠足や旅行 
 遠足に関しては、1〜2年生と大差はありません。
 一泊を伴う旅行では、1〜2年生と同じところに行く場合の学校が多いようです。但し、その内容は変わってきます。一泊が二泊になり3〜4年生が同じ部屋に寝泊まりすることになったりします。上下の教育が目的になっているようです。

 基本的に自然を体験する機会を多くしているようです。動物とのふれあいもあるようです。
 旅行に使用するバッグは、1〜2年生時に使用したザックを使ったりキャリーバッグを使ったりと学校によってまちまちです。

 この学年になると旅行の場合は、親が集合場所まで連れて行く場合があります。また、帰りも解散場所に迎えに行くケースがあります。

 二泊以上になると疲れて帰ってきますね。親が迎えに行けるケースは、なんとなく短い期間ですが子供が成長して帰ってきた様な感じがして、親としても嬉しいです。
 
(3)5年生の遠足や旅行
 公立で言うと修学旅行が私立では、旅行となります。英語を重要視している所は海外へ行くようになります。1〜2週間程度です。この場合は、空港まで送り迎えします。意外と男の子も出発には泣いたりとかしますね。

 当然この年代になってもホームシックにかかって大泣きする子はいます。

 旅行用の服は、キャリーバッグに入れます。ちなみに、我が子は、この年代になってやっと着替えて帰ってくるようになりました。4年生ぐらいまでは着替えを持って行っても着替えずに帰ってきたものです。(^^;)

 遠足は、文化遺産を見に行ったりと近場の社会科見学と絡めていくところが多いようです。制服での移動ですから制服も傷むのが早いです。

(4)6年生の遠足や修学旅行
 メインは、修学旅行ですね。海外旅行が多いようです。我が子は、アメリカに行ってきました。5年生に経験していたので至って問題なく1週間行ってきました。時差ボケは無いような!若さがカバーしたのか?しかし、戻ってきた晩は、深い眠りでいじってもビクともしませんでした。

 旅行中の服装は、制服です。着替えは、一日ごとに分けて袋に入れて持たせました。しっかり着替えてきました。お小遣いも使ってお土産を買ってきてくれましたが、親から見るとげぇ?って感じるものを買ってきます。

 子供の特権で大人では入れないようなところも経験してきます。充実した楽しい旅行になる様です。

 旅行バッグは、先にも言いましたがキャリーバッグですねぇ。クラブツーリストのネットショップで扱っているようなものです。こんなに大きいのを?って感じですが意外と大人が思うより子供は力があるようで、しっかり取りまわしをします。
 修学旅行以外は、社会科見学の旅行となり一般的な国会議事堂や議員の部屋等を訪れます。
 
 そうそう、食事は良いものを食べますよ〜。フランス料理のフルコースを経験する場合もあるようです。

Copyright(c)2012私立小学校の勉強と生活 All Rights Reserved.