私立小学校の勉強と学校生活について、経験をもとに紹介しています。
私立小学校の勉強と生活
私立小学校のお受験や私立小学校に通われている方が参考にして頂ければ嬉しいです。



 HOMEへ

私立小学校の勉強
 私立小学校の1〜2年生
 私立小学校の3〜4年生
 私立小学校の5〜6年生
 私立小学校の英語
 お受験の勉強は役立つか
 私立小学校で使う問題集
おすすめ参考書ランキング

私立小学校の5〜6年生の勉強

 私立小学校の5〜6年生の勉強量は、5年生が週4日間6時限目まで、6年生が週5日間6時限目までが一般的なのでしょう。我が子が通っている私立小学校のものです。
 5年生は、学校生活のクラブ活動に取り組んだり、勉強に励んだりと私立小学校の学年で一番充実しているように感じます。
 また、修学旅行も海外へ行きますから思い出も一番多いように思います。
 6年生になると学校生活は充実していますが、ほぼ毎月テストが実施されます。1年生からの復習的なテストに加えて、6年生のテスト。それに、進学テストが入ってきます。進学テストでは、点数が必要条件以上に達しないと復習や追試が行われます。
 我が子は、出来が悪いので(^^;)数回に渡って追試、復習をさせて頂きました。 

 ここで、以下に5年生の勉強・6年生の勉強について内容を紹介します。


 (1)5年生の勉強:
 5年生は、小学生の中で一番に充実しているのではないでしょうか。私は、そう思います。5年生までは、勉強のスタンスがほぼ一定ですからね。ですから、学校の行事と合わせても、楽しい時期と思います。親は、学校行事や子供の対応に慣れたものです。

 突然ですが、
 あなたのお子さんは、予習と復習の習慣が身についていますか?
 私立小学校に入学したら5年生までに予習復習の習慣を身につけることが重要ではないでしょうか。
 我が家では、復習を中心に考えました。ですから、5年生の 教科書ぴったりテストを活用しました。私立小学校は、授業の進み方が早いので単元を飛ばしたり?と言う言い方は違うかもしれませんが、単元をさらっと進めてしまったりします。その為、子供の理解度の確認・親の確認のために活用しました。

 さらに良いのは、私立中高一貫校専門の家庭教師(首都圏唯一) にお願いするのも良いでしょう。ワンツウマンの家庭教師や学習塾でないと授業通りの勉強ができません。ちなみに我が家では、市販の教材で済ませました。特に注力したのが、算数です。子も親も他の教科以上に頑張ったと思います。

 復習以外に良く使用していた教材は、学研の基礎から発展と言うのを活用していました。カラーで重要なポイントを細かく説明しています。我が子も読むだけで十分に理解できると言っていました。教科書よりも説明が詳しいぐらいです。

 ちょっと雑談ですが、全校統一テストでは平均以上を学校においても採れていた様です。平均的には、やっぱり私立に入っている子供の方が学力が上回っている様です。

 学校によって算数に関しては、早く進めるクラスやゆっくり進めるクラス等、分かれて勉強を進めるところもあるようです。

 テストは、公立と同じ様な問題やちょっとひねった難しい問題が出題されます。公立に使用しているようなものは、平均点85点以上。私立の独自の難しい問題では、平均点が60点程度。平均点が低いテストは、親が見てもちょっと難しいな?って思えるものもあります。ちなみに中学入試に使用するようなテストも実施されます。

おすすめの参考書と辞典
 5年生ならば、高学年用の参考書が必要になります。自主学習もできる参考書を手元に置いておきたいですね。

 
 (2)6年生の勉強:
 6年生になると授業時間数は、一般的に週に5日は6時限目までとなります。6時限目を終えて帰宅すると、遠いところからですと帰宅が暗くなってしまいます。帰りに1時間程度かかる子供は、おおよそ5時半位となります。

 さて、6年生は、中学に上がる為に必要条件が重くのしかかってきます。しかし、外部から私立中学を受験して入ってくるのに比べれば非常に楽です。ですから、中学に入ると外部からとの差が大きいようです。外部から入ってくる子の方が一般的に良く勉強ができるとも言われています。しかし、英語に関しては、私立小学校から身に着けている子の方が非常に出来るようです。実際に、発音や聞く能力は全く違います。

 さて、中学に上がる為の必要条件ですが、私立小学校によって違いはありますが一般的には、1年生から6年生の復習的なテストを行います。学校の定めた点数以上を採ることが求められます。ページトップにも書きましたが点数に満たない場合は、復習や追試が行われます。毎月のテストは、親も子も意外と疲れますね。親の方が疲れます。

 なお、中学生が解く問題を授業中にするかと言うと、私の経験からは無いと言っていいでしょう。

 今ある能力をさらに効果的に伸ばすのであれば、家庭教師にお願いする方法があります。

 私立に入学されていない方からは、私立小学に入っているのに、さらに家庭教師?塾?って通わなければならないのかと疑問に思う方がいますが、実際に塾に通っている子供も確かにいます。

 私立中学を受験して入ってくる子供の能力は、一貫教育の私立小学校から来る子供と比べると能力はあります。

 中学に入って学力の差が出ない様にと考えて、更なる能力アップと言う意味合いで家庭教師や塾が必要になるのです。

 ですが、今はインターネットが充実されていますので、手軽にインターネット家庭教師を活用する人が多くなっています。気軽に活用するのも良いでしょう。

 我が家も学校の宿題が多く、更に通学に時間が掛かっていましたので、時間の融通等からインターネットを活用した学習を行いました。

 創業30年の実績の家庭教師派遣実績があり、有名中学に送り込んでいる家庭教師のノーバス を活用しました。他にも、
 ・ 小中学生向けWEB学習教材【城南マナビックス】がおすすめ!
 ・ネット自宅学習塾は【ガクネット】

 また、学校の復習として、我が家では自宅で6年生の教科書ぴったりテスト をやらせていました。意外に復習に大活躍です。学校で飛ばしたものや分からなかったものもハッキリと理解できるようになります。親としても子供が今どの程度なのかもわかります。復習に使用するのにおすすめです。

 とにかく、6年生は勉強に勉強です。ちょっと可愛そうな気がするぐらいです。しかし、中学受験する子供に比べれば楽です。この楽が私立中学に入ってから大きなハンディになるようです。
 なお、私立中学校に入学すると一貫校の私立小学校の子供は、集まる習性があるので勉強が出来ないことでのいじめ等の不安はありません。

おすすめの参考書と辞典
 やはり、中学受験用の参考書で勉強しておきましょう。外部から入学してきた子供の能力を考えると、準備はしておきたいものです。



Copyright(c)2012私立小学校の勉強と生活 All Rights Reserved.